コツを知ってポイントざくざく!ポイントサイト攻略バイブル

コツコツと確実に稼ぐ!ポイントサイト完全攻略サイト

コツを知ってポイントざくざく!ポイントサイト攻略バイブル

第2位ポイントインカム稼げる度★★★★☆

換金率:10ポイント=1円
換金手数料:50~160円
換金スピード:3営業日

もっと詳しく

第1位ちょびリッチ稼げる度★★★★★

換金率:2ポイント=1円
換金手数料:無料
換金スピード:3営業日

もっと詳しく

第3位ECナビ稼げる度★★★☆☆

換金率:10ポイント=1円
換金手数料:50~200円
換金スピード:7営業日

もっと詳しく

換金システムをチェック

ここではポイント換金サイトでお金に替えるときのために知っておきたい換金率や換金手段・交換手数料について解説します。

ポイントサイトで得られる収入の種類

ポイントサイトでポイントと貯めると、そのポイントは次のものに交換できます。

  1. 現金
  2. 電子マネー
  3. 特定ショップや企業のポイント・マイル
  4. ギフト券
  5. グッズ

何に交換できるかは、ポイントサイトごとに異なるようで、「交換・換金・使う」といった選択画面から選ぶようなサイトもあるようです。ただ、ほとんどのサイトでお金に替えられるようになっています。

ポイント換金サイトで賢く収入を得るための3つのキーワード

  • 換金率
    サイトによって異なりますが、1Pまたは2P=1円としているところが多いようです。
    10P=1円というところもあります。
  • 交換レート(交換可能額)
    300~1000円からほとんどですが、2000円や3000円からというところも。
    換金は、あまりにも小額だとできません。サイトごとに交換可能額というものが決まっているからです。
    2000円や3000円でやっと交換できるところよりも、500円ぐらいから交換できるサイトのほうがオススメです。
  • 交換手数料
    現金の交換には手数料がかかります。1件につき30円〜200円程度が目安です(金融機関によって異なる)。
    ただし、ネットバンクを利用すれば手数料が無料になるポイントサイトもあります。等価交換できるので、より稼ぎやすくなるでしょう。

せっかく高い換金率を誇っていても手数料で引かれてしまうのではガッカリ。換金率が高くなくても手数料を無料にできるサイトや、より広くポイントを稼げる手段があるサイトが断然オススメです。

もしくは、現金以外の交換手段が豊富なサイトを選ぶようにしましょう。

換金用の銀行口座は登録者名と同一にすべし

ポイントサイトでの換金で注意したい点は1つ。ポイントサイトと金融機関の登録者の名前が同一である必要があります。

自分のポイントを換金する際、配偶者や親、兄弟の口座は使えません。家族でポイントサイトを利用していたとしても、各自がそれぞれの口座を用意する必要があります。

一番の得策は、ポイントサイトを始める時に専用の口座を作ること。ポイントサイトの中には、ネットバンクで口座を開設してポイントを稼ぎ、手数料も無料になるという、一石二鳥な裏ワザが使えるサイトもあります。

コツコツと確実に稼ぐ!ポイントサイト完全攻略サイト